• 診療に関するお問い合わせ
  • (患者様向け)
  • 北海道大学病院
  • 代表電話 011-716-1161
  • 〒060-8648
  • 札幌市北区北14条西5丁目
  •  
  • 研究・教育に関する
  • お問い合わせ
  • (学生・医療従事者向け)
  • 北海道大学
  • 大学院医学研究科
  • 循環病態内科学
  • TEL 011-706-6974
  • FAX 011-706-7874
  • 〒060-8638
  • 札幌市北区北15条西7丁目
診療グループ
虚血・心臓カテーテルグループ

スタッフ

神谷 究(医員)  浅川 直也(医員)

野口 圭士(大学院生)  徳田 裕輔(大学院生)  表 和徳(大学院生)

診療内容

私たちは、狭心症や心筋梗塞を主体とした虚血性心疾患の診断・治療はもちろんのこと、最先端の医療を患者さまに提供するため、カテーテルを使用したさまざまな診断・治療に従事しております。

2014年1月に、北海道で記念すべき心臓移植を当院で成功させることができました。その後、患者さんの良好な状態を維持するためには適切な免疫抑制剤を使用し拒絶反応を抑制しなければなりません。急性拒絶反応の評価のために、移植後初めの4週間は心内膜心筋生検を行い、さらに、慢性期にはVasculopathyといわれる冠動脈の内膜肥厚によるびまん性狭窄を生じることがございますが、移植後は除神経されているため、狭心症状は全く認めないため、冠動脈造影、IVUS、OCTによる解剖学的評価の他に、FFR(冠血流予備量比)、CFR(冠血流予備能)などの機能的虚血の評価を少なくとも1年毎にしなくてはなりません。これら特殊な検査を当院では行っております。また、当院は心臓移植認定施設でございますので、重症心不全患者さまが各地から多くいらっしゃいます。その中には、心臓移植の適応となる患者さんもいらっしゃいますが、その場合申請をし、3年半以上の待機期間が現実必要となるため、その間、病態が増悪した場合には植込み型LVAD(左室補助装置)手術が必要となります。しかし、LAVD装着後もFlow(血流)が多すぎれば、右心系に負担がかかり、長期的には右心不全から両心室VADが必要となることがあるため、3-6か月ごとに、スワンガンズカテーテルを行い最も適切なVAD flowの調整などを行っております。

また、特殊なカテーテル治療として、当院は、2014年7月に高度大動脈弁狭窄症に対する経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVR)の認定施設となり、この2015年6月からハートチームの協力のもと、本格的にTAVRを開始します。詳細は、本homepageのTAVRの項をご参照いただけますと幸いです。また、何らかの理由で、TAVRの適応とならない高度大動脈弁狭窄症でお困りの方も実際には多くいらっしゃり、そのような場合には以前より当院で取り組んでおりますPTAV(経カテーテル的バルーン大動脈弁形成術)も引き続き行っておりますので、ご紹介のほどお願い申し上げます。2015年4月より、かなりPTAVにも力をいれ、北大独自で積極的に行っておりますので、お困りの際には、ご一報いただけますと幸いです。また、TAVR、PTAVの開始に伴い、当院では今後、重症心不全を担う病院として、数々のStructural Heart Disease(構造的心疾患:弁膜症、先天性心疾患など)に対して積極的にアプローチしていく方針でございますので、何卒引き続きご支援、ご鞭撻のほどお願い申し上げます。


~TAVR外来のご紹介について~

特別窓口:TAVR外来を設置しております。

高度大動脈弁狭窄症の患者さんを担当されている先生方でご相談されたい場合には

お手数ですが、『TAVRの項』をご参照いただけますと幸いです。

~虚血外来のご紹介について~

特別窓口:虚血性心疾患外来を設置しております。

そのため、ご紹介の際には、お手数ですが、下記までご連絡ください。

診療情報提供書をご記載していただき、地域医療連携福祉センター(医事課新来
 予約受付担当・紹介予約)
へFAXの上、外来予約していただく。

病状などに関して事前に相談の必要性がある場合には、循環器内科外来
  連絡していただく。

★Faxはこちらへ

  ⇒ 地域医療連携福祉センター: FAX:(011) 706-7963

受付時間:8時30分~17時00分(16時30分以降の受付は翌日対応になります)

(電話:(011) 706-6037:ご相談の場合には、こちらでなく下記直通電話にお願いします)

★ご相談はこちらへ

  ⇒ 循環器内科外来直通電話: (011)706-5675 or 5676