• 診療に関するお問い合わせ
  • (患者様向け)
  • 北海道大学病院
  • 代表電話 011-716-1161
  • 〒060-8648
  • 札幌市北区北14条西5丁目
  •  
  • 研究・教育に関する
  • お問い合わせ
  • (学生・医療従事者向け)
  • 北海道大学
  • 大学院医学研究科
  • 循環病態内科学
  • TEL 011-706-6974
  • FAX 011-706-7874
  • 〒060-8638
  • 札幌市北区北15条西7丁目
診療グループ
心不全・運動負荷・心臓リハビリテーショングループ

スタッフ

絹川 真太郎(講師)  横田 卓(助教)

福島 新(医員)  水島 航 (留学中)  降旗 高明(医員)

松本 純一(大学院生)  津田 正哉(大学院生)  中島 孝之(大学院生)

片山 貴史(大学院生)  南部 秀雄(大学院生)  白川 亮介(大学院生)

前川聡(大学院生)

 

診療内容

心不全は、あらゆる心疾患が辿る最終的な段階です(図1)。

図1.心不全の原因疾患

アンジオテンシン変換酵素阻害薬やβ遮断薬などの薬物療法によって、心不全の治療は目覚しく進歩しました。早期に診断し、的確に治療することにより、予防ができることや心不全になっても元気で長生きが可能な時代になりました。

図2.心不全は全身疾患である

しかしながら、心不全は重症になればなるほど、全身の障害を引き起こします(図2)。したがって、運動療法(図3)やペースメーカー治療などの集学的な治療が必要になります。このような内科治療を行ったとしても時には、補助人工心臓や心臓移植の必要な患者さんがおります。重症な患者さんであっても、知恵をしぼり、技術を持ち寄って心不全の診断と治療に当たっています。

図3.当院の運動療法室