• 診療に関するお問い合わせ
  • (患者様向け)
  • 北海道大学病院
  • 代表電話 011-716-1161
  • 〒060-8648
  • 札幌市北区北14条西5丁目
  •  
  • 研究・教育に関する
  • お問い合わせ
  • (学生・医療従事者向け)
  • 北海道大学
  • 大学院医学研究科
  • 循環病態内科学
  • TEL 011-706-6974
  • FAX 011-706-7874
  • 〒060-8638
  • 札幌市北区北15条西7丁目
研究グループ
心エコーグループ

スタッフ

山田 聡(講師)  岩野 弘幸(助教)  林 大知(医員)

三神 大世(保健科学研究院教授)  加賀 早苗(保健科学研究院助教)

岡田 一範(保健科学研究院助教)

横山 しのぶ(検査・輸血部)  西野 久雄(検査・輸血部)

中鉢 雅大(検査・輸血部)  市川 絢子(検査・輸血部)

阿部 歩(超音波センター)  辻永真吾(大学院生)

研究紹介

心エコーグループでは、循環器内科のスタッフ、保健科学研究院教官、検査・輸血部と超音波センター所属のの臨床検査技師、さらに保健学科の学生・大学院生が参加して研究を行っています。

これまでの長い歴史のなかで、左室拡張機能・心不全評価に関する研究、小動物に心エコーを用いた研究、負荷心エコー法の客観的評価法、コントラストエコー法による心筋灌流の定量評価などがテーマとなってきました。

最近では、二次元・三次元スペックルトラッキング法を用いた心筋のストレイン(伸び縮み)解析が中心的なテーマとなっています。従来、心エコーによる壁運動評価は視覚的に行われおり、客観性に問題がありました。心筋の動きを自動的に追跡する新しい定量評価法は、心エコー診断に革命を起こしつつあります。

二次元スペックルトラッキング法を用いた
左脚ブロック例での左室収縮同期不全の評価

三次元スペックルトラッキング法による左室壁運動の定量評価

新しい方法を左室の拡張機能や心不全の評価、心不全に対する心臓再同期療法(両心室ペーシング)の効果予測などに応用するための臨床研究に取り組んでいます。私たちが中心になって全国多施設共同研究も進めており、今後大きな成果が上がることが期待されます。

私たちは、臨床での研鑽を積みながら、「患者さんのためになる研究」を推進していきます。私たちの高い技術力と意気込みを理解し、ともに邁進していただける若い仲間の参加を切に期待します。