• 診療に関するお問い合わせ
  • (患者様向け)
  • 北海道大学病院
  • 代表電話 011-716-1161
  • 〒060-8648
  • 札幌市北区北14条西5丁目
  •  
  • 研究・教育に関する
  • お問い合わせ
  • (学生・医療従事者向け)
  • 北海道大学
  • 大学院医学研究科
  • 循環病態内科学
  • TEL 011-706-6974
  • FAX 011-706-7874
  • 〒060-8638
  • 札幌市北区北15条西7丁目
研究グループ
心血管画像診断グループ

スタッフ

納谷 昌直(講師)

小原 雅彦(大学院生)  相川 忠夫(大学院生)  益子 春江(大学院生)

診療内容

心臓CT、心臓核医学検査、心臓MRIの3領域が関連しながら自主臨床研究および他施設登録試験も進めています。

1)心臓CT

冠動脈病変についてマルチスライスCTで得られる情報には、狭窄度の情報のみならずプラークの性状や血管壁のリモデリングについての情報も含んでいます。今後、これらの多彩な情報をいかに臨床に生かしていくかが問われています。

また、心筋パーフュージョンによる冠血流予備能の定量化の開発に関する自主臨床研究をおこなっております。

2)心臓核医学検査

核医学講座と連携して心臓PETを用いた研究を積極的に行っています。18F-FDG PETにより心筋バイアビリティーの評価や心サルコイドーシスの病変の検出が可能です。15O-水PETを用いて心筋血流、予備能、内皮機能、11C-酢酸を用いて心筋酸素代謝を評価しています。本年より、11C-HEDを用いた交感神経機能の評価を目的とした自主臨床試験を行っています。

3)心臓MRI

心臓MRI検査は、冠動脈の形態、心臓全体の構造、心筋の性状、心機能などを1回の検査で把握することができ、心臓を包括的に評価することが可能です。

当院に導入された最新鋭のMRI装置は詳細な心機能解析を行うことに優れており、放射線診断科と連携して様々な心疾患について多面的に検討を進めています。